日本の元気をひとにぎり

日本人が愛する食べ物、お米。そのお米としょうゆなどでつくられるシンプルな焼きおにぎりを食べれば元気が湧いてきます。焼きおにぎりを食べて今日もがんばろう!日本の元気を支えつづける焼きおにぎりです。

日本の元気をひとにぎり

「腹が減っては戦はできぬ。」
日本人は古来より、食べることの重要性をそう表現してきました。
食べることで、ぐっと戦う気力が湧く。元気が出る。
そんな日本人がもっとも愛した食べ物とは?
それは、もちろんお米です。お米は「日本の元気」そのものなのです。
では、今、この時代、私たちはお腹が空いたとき、何を食べているでしょう。
スナック菓子やパン、インスタント食品、チョコレートなど甘いもの・・・
おいしくお腹を満たすだけなら、それでいいかもしれません。
でもカラダのことを考えたら、やっぱりお米がいい。中でも、焼きおにぎりがいい。
栄養分はほとんどが、炭水化物。エネルギーの源です。
あの独特の食感も、一役買っています。よく噛むから、脳が活性化するのです。
シンプルな味付けだから、いろいろな調味料や保存料なども使わずに済みます。
そして何より、あの食欲を誘う香ばしさ。
焼きおにぎりをひとくち頬ばれば、あなたのカラダに元気がみなぎります。
腹が減っては、戦はできぬ。腹が減ったら、焼きおにぎり。
これまでも、そして、これからも。焼きおにぎりは日本の元気を支えつづけます。
2009年10月1日