前の記事へ

次の記事へ

記事タイトル

2010/12/07佐賀県のJリーグ・ジュニアユースチームに突撃!

みなさんこんにちは!やき家の次男・やきおにおです!
日本の「コバラ」を満たすため、今回突撃したのは佐賀県!
「サガン鳥栖 U-15」にお邪魔しました!
焼きおにぎり色のサッカーボールがありましたよ!少しぼくに似ていませんか?
ちょっと親近感を感じちゃいます!

30_saga_001.jpgサガン鳥栖 U-15は、佐賀県鳥栖市をホームタウンにしているJリーグのプロサッカーチーム"サガン鳥栖"のジュニアユースチーム。中学1年生から3年生で構成されています!
サッカーの技術はもちろん、学校の成績も重要視される文武両道精神のもと、トップチーム昇格を目指して、日々練習に励んでいるそうです。
真剣な眼差しで、みんな集中していますね!

30_saga_002.jpgこちらは、徳永光希くん。佐賀のお隣の福岡県小郡市から、電車で練習に通っている中学3年生。ポジションはミッドフィルダーで、チームの中でも元気いっぱいの頑張り屋さんだそうです!
おにお:「徳永くんは、いつからサッカーを始めたんですか?」
徳永くん:「小学4年生からです。お兄ちゃんがサッカーをしていて、楽しそうだったから始めました!」
お兄さんの影響ですか。ぼくもおにたろう兄さんが旅しているのを見て、日本全国をまわり始めたので、ぼくと一緒ですね!

30_saga_003.jpgプロを目指すジュニアユースの練習メニューをこなすと、きっとコバラもすくのではないですか?
徳永くん:「やっぱり練習の後はコバラがすいています!」
おにお:「ですよね!」
徳永くん:「それから、家に帰って宿題をしている時にも!」
家に帰ってコバラがすいたら、大きな大きな焼き・・・・・あれれ??まわりを見渡すと、徳永くんだけじゃなくて、みんなコバラがすいている顔をしてますね!
そうです!こんな時こそ"大きな大きな焼きおにぎり"の出番です!

30_saga_004.jpg練習中の真剣な顔とは打って変わって、ほくほくの笑顔があちこちであふれてますね!
"大きな大きな焼きおにぎり"の、お味はどうですか?
徳永くん:「おいしかった!お母さんが買ってくれたら、また食べたい!」
家に帰ったらお母さんに早速リクエストしてください!徳永くんのお母さん、スーパーへ行った時に、ぼくの顔を思い出してくださいね!

30_saga_005.jpg
30_saga_006.jpg
サガン鳥栖 U-15のみなさん、ありがとうございました!
これからも、練習と勉強ですいてしまったコバラを"大きな大きな焼きおにぎり"で満たして、プロサッカー選手を目指してがんばってください!

30_saga_007.jpgジュニアユースチームのコバラは満たされたけど、日本にはまだまだコバラをすかせた人がたくさんいるはず。さて、次にぼくが突撃するのはどこになるのかな?
次回の「突撃!おにおくん」をお楽しみに!

前の記事へ

次の記事へ

プロフィール

「コバラ」をすかせた人はいませんか? ぼくが日本中どこでも突撃しちゃうよ!

やき おにお

二十歳。よく食べる。
いなほさんに片思い中。
夕暮れどきは屋根の上で自作の歌を歌うのが好き。