前の記事へ

次の記事へ

記事タイトル

2010/09/01鹿児島県のシーカヤック団体に突撃!

みなさんこんにちは!やき家の次男・やきおにおです!
日本の「コバラ」を満たすため、今回突撃したのは鹿児島県!
「かごしまカヤックス」にお邪魔しました!
鹿児島といえば西郷さんですよね!まずはツーショット!

16_kagosima_001.jpgかごしまカヤックスは、桜島の浮かぶ錦江湾(きんこうわん)や世界遺産の屋久島など、南北600?に島々が連なる鹿児島を中心にシーカヤックツアーを主催している団体です。
野元尚巳さんは、かごしまカヤックスの代表で、シーカヤックだけでなく、トレッキングやサイクリングのツアー・講習を行っています。今日は絶好のシーカヤック日和ですね。ぼくもチャレンジさせてください!
あ?、海の上って気持ちいいですね?!桜島もきれいだな?!

16_kagosima_002.jpg野元さんは、冒険家としての顔も持ち、シーカヤックで何度もアラスカやカナダに遠征し、2000年から2001年にかけて沖縄?鹿児島の遠征も成し遂げています!すごい活躍ですね!

16_kagosima_003.jpg冒険をしていると、絶対コバラもすきますよね?
野元さん:「昨年、オーストラリア約5200?を79日間かけて自転車で走破したんですが、難関のナラボー平原を走りながら"おにぎり食べたい!"と思っていました!」
おにお:「やっぱり、おにぎりですよね!」
野元さん:「きつい時こそ、素朴で馴染んだ食べ物が恋しくなるんですよ!」
おにお:「他にはどんな時にコバラがすきますか?」
野元さん:「これからひと仕事やろうって時にすきます!"腹が減っては戦ができぬ"ですね!」
それでは、お仕事前に"大きな大きな焼きおにぎり"を一口どうぞ!

16_kagosima_004.jpgおにぎり好きの野元さん、お味はいかがですか?
野元さん:「素直においしい!アレコレと凝ったり奇抜なことをするのではなく、おにぎりの素朴な味わいが楽しめます!」
おにお:「思う存分食べてください!」
野元さん:「雄大な桜島を眺めながらいただく"大きな大きな焼きおにぎり"は格別ですね!」
お腹一杯でさらに元気一杯になりましたね、野元さん!

16_kagosima_005.jpgじゃあもう一度、海に出てもいいですか?
さすがに今日は天気が良すぎて日焼けしてしまいます。あっ、僕はもともと焼けているから大丈夫なのかな!?
でも、熱中症にならないように、野元さんが帽子を貸してくれました。似合っていますか?
かごしまカヤックスの野元さん、ありがとうございました。これからもいろんな冒険にチャレンジしてくださいね!

16_kagosima_006.jpg今回は大自然の中でコバラを満たすことができました。でも、日本にはまだまだコバラをすかせた人がたくさんいるはず。さて、次にぼくが突撃するのはどこになるのかな?
次回の「突撃!おにおくん」をお楽しみに!

前の記事へ

次の記事へ

プロフィール

「コバラ」をすかせた人はいませんか? ぼくが日本中どこでも突撃しちゃうよ!

やき おにお

二十歳。よく食べる。
いなほさんに片思い中。
夕暮れどきは屋根の上で自作の歌を歌うのが好き。